壊れた給湯器を交換して、快適なお風呂を楽しもう

知らないうちに起きている「給湯器の水漏れ」

一般家庭で使用されている給湯器は、屋外に設置されていることがほとんどです。

外壁やベランダ、マンションなどだと玄関の横に取り付けられていますが、普段はあまり気にしない方が多いのではないでしょうか。

あまり注意することがないため、「気付いたら給湯器が水漏れしていて床がびしょびしょだった」なんてトラブルも多いのです。

集合住宅に住んでいて、隣や下の階の方が先に気づくといったケースもあります。

水漏れを起こした給湯器は、基本的には使用を止めて修理や交換をしなければなりません。

このページでは、給湯器の水漏れや対処、修理や交換について詳しく解説していきます。

凍結による水漏れ

寒い季節になると、凍結が原因で給湯器が故障することがあります。

水は液体の状態よりも氷になった時の方が体積が増えるので、凍結した際に配管に負担がかかり亀裂が入ることがあるのです。

そのため、寒い季節は給湯器の中に残っている水に注意が必要となります。

給湯器の内部に水が残っていること、夜中の内に水が凍ってしまうのです。

長期的に使用しない場合は水を抜いておくことをおすすめします。

また、雪国などの寒冷地なら配管用のヒーターがありますので、そちらの活用もおすすめです。

経年劣化が原因の場合もある

凍結のように原因が明白な故障だとわかりやすいのですが、中には経年劣化で水漏れが起こるというケースもあります。

水漏れが起こりやすい箇所はパイプと給湯器本体の接合部分です。

給湯器に使用されているゴム製品のパッキンは水漏れを防ぐ役割がありますが、10年も経たないうちに経年劣化で水漏れを防げなくなることもあります。

部品の交換は自分でしてはいけない!

パッキン自体は安価な部品ですし、インターネットから購入ができます。

しかし、たかがパッキンの交換だからと自分で交換することは危険です。

周りの配管や接合部を傷つけてしまう可能性があります。

特に配管が損傷した場合は配管自体を付け替えなければならないため、かえって修理費用が高額になりかねません。

パッキンが原因と思われる場合、まずはメーカーか給湯器を設置した業者に連絡をして対処してもらうことが一番良い解決策だと言えます。

古くなった給湯器は早めに交換しよう

給湯器の主要な金属部品が腐食していたり、全体的に経年劣化が進んでいるなどが原因で水漏れが発生した場合、給湯器そのものの交換が必要になります。

交換の目安はだいたい10年とされていますが、使用状況によっても変わってきます。

8年以上使用していた給湯器が故障したなら、何度も修理しなければならない可能性もでてきます。

壊れた部品が高額である、8年以上使用した機器である、といった場合は買い替えたほうが費用を抑えることができるでしょう

給湯器はお風呂などを沸かす時に使用する便利な機械ですが、それゆえに壊れた時は非常に困るケースもあります。

お湯は毎日の生活を支えているので、給湯器が壊れる前に余裕をもって早めに交換しておくことをおすすめします。