壊れた給湯器を交換して、快適なお風呂を楽しもう

お湯が出なくなったら

普段通りにシャワーや洗い物でお湯を使おうとしたら、冷たい水しか出てこなかった!といったことはありませんか?

給湯器からお湯が出ない時には、いくつか考えられる原因があります。

その中には給湯器が原因でない場合もあるのです。

まず、原因をきちんと確かめてから正しく対処しましょう。

お湯だけでなく、水も出てこない

そもそも水が出るかどうかです。

水が出ない場合は給湯器の故障ではなく、断水や凍結による水道管のトラブルが原因かもしれません。

また、止水栓が開いているか、配管から水漏れが起きていないかなども確認してみると良いでしょう。

止水栓が閉じていた場合、開いてみて水が出てきたら止水栓には問題が無いと言えます。

凍結や腐食といった水道管の損傷が原因の場合は水道屋さんを呼んで配管を修理してもらいましょう。

ガスに問題はないか

次にガスが使用できるかどうかです。

まずはガス栓がきちんと開いているかを確認し、ガスコンロなど他のガス機器を使ってみましょう。

ガスが使えることが確認できたなら、ガスの供給には問題がありません。

水が出てガスコンロの火は着くのにお湯が出ないとなると、給湯器に原因がある可能性が高いです。

給湯器のリモコンを確認してみる

浴室か、もしくは台所にあるリモコンのモニターを確かめてください。

給湯器に問題が合った場合、リモコンに何らかのエラーメッセージが出ていることが多いです。

その内容によって給湯器を交換しなければならないのか修理で済むものかなどの判断材料になります。

エラーメッセージは取り扱い説明書やメーカーのサイトで分かる場合が多いですが、自分で不確かな場合は取り扱っている業者さんに問い合わせてみましょう。

エラーの内容によって修理で済むか、あるいは交換しなければならないかなどを見極めてくれます。

故障していた場合は交換がおすすめ

不具合の内容に関わらず、もし給湯器の使用期間が10年以上経過していたなら交換が推奨されます。

一般的に給湯器の寿命は10年程度とされているため、10年以上使用している給湯器でお湯がでなくなった場合、交換の可能性が高くなってきます。

理由としては、メーカーは10年以上前の機器の修理部品は保有していないことがほどんどです。

また、修理できたとしても費用は高額ですし、該当箇所を修理してもすぐに別の場所が壊れて修理を繰り返す恐れもあります。

何度も修理して費用がかさんだとしても最終的には交換が必要になるため、機器が古ければ思い切って交換した方がトータルで安く済む場合がほとんどなのです。

交換は慎重に!

買い換えるにしても、給湯器というものは電化製品の中でもかなり値段が高いものです。

メーカーの違い、機能の違いなどで値段が異なりますし取り付けをしてくれる業者さんによっても値段は変わってくることもあります。

まずは業者に問い合わせをして、費用や工事の日取りなどについて相談してみることをおすすめします。